太らない食べ方 時間栄養学

太らない食べ方〜時間栄養学を意識する〜

時間栄養学を利用して体脂肪を減らす

時間栄養学とはカロリーの計算に加え、食べるタイミングを意識した栄養学の新しい考え方です。

 

1日の摂取カロリーが同じでも食べるタイミングによって、消費カロリーや体脂肪蓄積の状況が変わる。つまりダイエット効果に変化があるということです。

 

例えばカロリーを抑えるために朝食を抜くのは禁物。
朝食は1日の始まりのスイッチの役割を果していて、朝食を抜くと体内時計とのバランスが細胞レベルで崩れしまい代謝の乱れを起こして体脂肪が溜まりやすくなってしまうのです。

 

もうひとつは夕食を摂るタイミング。
人間の体が脂肪を溜め込みやすい時間帯は、午後10時から午前2時と言われています。この時間帯に食事をすると昼間と比較して最大20倍程度脂肪が溜まりやすくなります。
夜遅く食事をする時には、なるべく低カロリーなものを選ぶようにしましょう。

 

時間栄養学を意識することで、無理な食事制限をしないでダイエット効果が得られるようになります。

 

スポンサードリンク

 

関西エリアで話題のピラティス教室

大阪府池田市でピラティスが体験できるおすすめの教室
阪急沿線池田駅徒歩4分。ピラティスであなたの心と身体が変わる!
ワンコイン(500円)体験レッスン受付中!

 

グリーンベリースムージーダイエット

簡単!10秒で本格スムージーダイエットができる!
【簡単ミキサーいらず】話題のグリーンスムージーで-10kgを目指す

女優や海外セレブの間で大人気【グリーンスムージー】500円モニター


500円モニター募集!!
野菜と果物たっぷりの酵素エキスで無理なくダイエット!

 

 

Pegetop

 

 

 


ホーム RSS購読