糖化防止と太らない食べ方

太らない食べ方〜糖化を防止してダイエット〜

糖化はダイエットや健康の大敵?

太らない食べ方についてのポイントを紹介する前に『糖化』ということについて簡単に説明します。

 

糖(ブドウ糖)は、体にとって大切なエネルギーです。しかし、糖を過剰に摂りすぎると太りやすい体になったり、体に様々な悪影響を及ぼすことになります。

 

タンパク質の糖化

タンパク質は、体を構成する主要な成分で、細胞の大部分はタンパク質で構成されています。また体の各機能を働かせる酵素もタンパク質の一種であり、脳の伝達物質などもタンパク質で構成されています。
このタンパク質が糖によって変化することを糖化と言います。

 

タンパク質が糖化してしまうと、タンパク質の働きが低下して、体に様々な悪影響を及ぼしはじめます。タンパク質が糖化するとタンパク質のもつ本来の働きが損なわれて、体の機能が低下してしまいます。体の機能が低下するという事は、エネルギー消費も滞るということになり、消費されない余分な脂肪がたまり、太りやすい体になるということです。

 

糖化を防止する太らない食べ方

 

太らない体をつくる食生活の3つのポイント

 

一気に大量に食べない

食事に時間をかけない人は、太りやすい傾向にあるというデータがあります。
理由は糖が血液を通じて脳に運ばれて満腹のサインを出るまでに約20分かかるため一気に食べてしまうと満腹が得られず食べ過ぎてしまうからです。
最低でも20分の時間をかけて、食べ過ぎずに満腹感が得られるようにしましょう。

 

糖質の多い食材を摂り過ぎない

穀類やイモ類、甘いものなど糖質の多い食材の摂りすぎに注意しましょう。

 

十分な間隔を置いて食べる

1日3食を6時間おきのキチンとした間隔でとるようにしましょう。
また就寝の3時間前には夕食を済ませて、その後は一切食べないこと。就寝時に多少の空腹感があるのが理想的です。

 

 

スポンサードリンク

 

関西エリアで話題のピラティス教室

大阪府池田市でピラティスが体験できるおすすめの教室
阪急沿線池田駅徒歩4分。ピラティスであなたの心と身体が変わる!
ワンコイン(500円)体験レッスン受付中!

 

 

あのRAIZAPが自宅でできる!



 

話題沸騰!あのライザップが自宅で!?

 

かつてない本気ダイエットプログラム誕生!

 

 

Pegetop


ホーム RSS購読