ピラティス ヨガ

ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガの違い

ピラティスとヨガは、なんとなく似たイメージを持っている方も多いと思います。
しかし、似ているようで、実は全く違う種類のエクササイズです。呼吸法、動き、効果、起源(ルーツ)などが違います。
結論から言うと…
ヨガは精神的なリラクゼーションと、しなやかで柔軟性のある身体づくりが基となっているのに対し、ピラティスはインナーマッスルを鍛え、骨盤や身体のアンバランスを矯正し、 正しい身体づくりが基になっています。

 

ヨガとピラティスともに共通している点を挙げるとすると、どちらも身体と精神のバランスを整え、 心身ともに健康的な身体づくりを目指す点にあります。 そして、美容効果も高く、ダイエットとしても人気です。

 

 

ピラティスとヨガのそれぞれの違いをご紹介いたします。

呼吸法

ピラティスは、"胸式呼吸"鼻からゆっくり吸い込み、口からゆっくり吐き出します。
胸式呼吸は、胸郭の肋骨についている肋間筋によって行われる呼吸です。
息を吸うと肋骨が大きく広がるため胸が膨らみ、息を吐くと胸がへこみます。

 

ヨガは、"腹式呼吸"基本は鼻から吸って口から吐きます。
腹式呼吸は、胸郭をなるべく動かさずに、横隔膜を上下に動かすことで行なわれる呼吸です。息を吸うとお腹がふくらみ、息を吐くとお腹がへこみます。

 

動き

ピラティスは、常に体を動かします。
ヨガにあるような瞑想などのスピリチュアルなインストラクションはありません。
身体のストレッチとともに、筋肉(インナーマッスル)を鍛える動きをします。
また、マットレス、ゴムバンドやボールなどの器具や道具を用いる場合もあります。

 

ヨガは、ポーズをとって静止します。
瞑想や精神統一などのスピリチュアルなインストラクションを行なう場合もあります。
身体をストレッチすることに重点が置かれています。
道具や器具は使用しません。

 

効果

ピラティスは、筋肉を鍛えることで、ゆがみやバランスの改善など、体をメインに効果を発揮します。
ヨガは、瞑想など体だけではなく、精神面にも効果を発揮します。

 

ルーツ

ピラティスは、元々兵士のリハビリ用として開発されました。
それ故、体や筋肉に対するアプローチを重視しています。

 

ヨガは、自己を発見するための修行法として生まれました。
瞑想を行い正しい姿勢を長時間保てる肉体を得るために生まれました。

 

 

関西エリアで話題のピラティス教室

大阪でピラティスが体験できるおすすめの教室
初心者大歓迎!少人数制のマットピラティス専門教室
心と身体が癒される体験レッスン受付中!

 

 

【ヨガピース】ヨガウェアやヨガ関連アイテム

ヨガをもっとお洒落に、もっと身近に
ヨガ専門店ヨガピース

 

 

骨盤エクササイズ

座っているだけでポッコリお腹を解消!
座ってローリング運動するだけでお腹周りスッキリエクササイズクッション

 

 

 

Pegetop

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読