ピラティス インナーマッスル

インナーマッスルの働きとその効果

ピラティスの考案者ジョセフ・ピラティスが『筋肉のガードル』と呼んだインナーマッスル。
ピラティスの人気の理由は、歪みのない正しい姿勢やしなやかな身体を作り上げるところであり、その基本となっているのがインナーマッスルを鍛えるところにあります。

 

インナーマッスルは、英語で『内側の筋肉』という意味で、この筋肉は、体の中心の部分、骨に近い部分から、何層にも重なり体を覆っています。インナーマッスルと呼ばれる部分は、骨に近い比較的深い部分の筋肉の部分の総称で『深層筋』と表現されることもあります。

 

インナーマッスルは、主に関節に位置を正常に保ち、姿勢を細かく調節する働きをする筋肉で、体の中心に近い筋肉だけに身体の正確な動きや正常な姿勢を保つためにインナーマッスルは重要な役割を果たしています。

 

インナーマッスルは、内側にある筋肉なので通常のエクササイズやトレーニングでは鍛えにくい筋肉と言われています。
ピラティスは、独特の呼吸法により、インナーマッスルを効果的に鍛えることができるエクササイズであるとが人気の理由のひとつと言えます。

 

ピラティスがもっと楽しくなる!

 マットピラティス教室のブログ『ピラティスでウキウキ』配信中! 

渡辺満里奈 ピラティス道 [DVD]

新品価格
¥2,749から
(2014/2/21 00:45時点)

 

 

ヨガ教室検索はYOGA ROOM